綺麗な肌 美肌ケア

サイトTOP

肌の表面だけじゃなく根本的に肌を綺麗にしよう!

肌を綺麗にすると言えば、肌の表面のケアばかりを思い浮かべてしまう方が多いですよね。しかし、肌の底からケアをしないと、根本的に肌を綺麗にする事が出来ません。肌の底から綺麗を作る為には、様々な方法がございます。その中から、特に「これは!」と思うケアのみを実践してみませんか。手厚い肌ケアをしてあげれば、肌は絶対応えてくれます。若い頃だけじゃなく、40代50代にも綺麗な肌で居られるよう、徹底的なケアを行いましょう。

肌を綺麗にするケア その1 お肌のゴールデンタイムの熟睡

お肌に大切なのは、質の良い睡眠です。質の良い睡眠とは、理想的な熟睡時間が大きなカギを握っています。お肌のゴールデンタイムに熟睡すると、天然の美容液が肌の中で発揮されて、美肌に導いてくれます。また、お肌の修復機能も働くので、肌荒れ等が綺麗になる事が出来ます。この時間帯に熟睡する事で、美肌を保つ事が出来ます。寝不足に女性の肌がボロボロなのは、ゴールデンタイムを全く生かせていない証拠となります。女性にとって嬉しいこの機能、使わない手はございません。お肌のゴールデンタイムは、22時~2時の間です。この間は、必ず熟睡する事を心がけましょう。

肌を綺麗にするケア その2 紫外線ブロック!

紫外線は、光老化を肌に与えてしまう、とても恐ろしい物です。紫外線に侵されてしまうと、シミやシワ、たるみなど、肌が老化に陥っていく一方です。もちろん紫外線対策はみなさん行っていると思いますが、その大半が万度に行われていないのが現状です。紫外線を肌に徹底的に与えない為には、以下のような紫外線ケアが基本で大事となります。①日焼け止めを常に付けて出掛けるちょっとのお出かけだから日焼け止め無くても良い、なんて思っていたら、確実に光老化を与えられてしまいます。少しのお出かけでしたらSPF20程度で十分ですので、必ず付けて出掛けるようにしましょう。②家の中でも日焼け止めを付ける家の中で日焼け止め?と思われるかもしれませんが、家の中でも窓から紫外線は立派に降り注いでいるので、紫外線を浴びています。家の中でも、紫外線攻撃から逃れましょう。少しのお出かけ程度と同様、SPF20程度の日焼け止め付けましょう。③日焼け止めは使い分ける日差しの強い日や場所では高SPFの日焼け止めが必要でが、だったらずっとこうSPFの日焼け止めを付けるべきと思う方が居るようですが、それは大きな間違いです。日焼け止めは肌への負担が非常に高いので、SPFが強くなればなるほど肌に大きな負担を与えてしまいます。SPF50等の高SPFの日焼け止めは、海や山等の紫外線が強い場所飲み使うようにしましょう。

肌を綺麗にするケア その3 美顔器ケア

自宅に居ながら肌を綺麗にしてくれるアイテムは、美顔器です。美顔器は使い慣れていない方にはイマイチピンとこないかもしれませんが、肌に良いケアを沢山与えてくれる優れものです。中でも、レーザーや高周波、超音波、イオンパワー等、これらを発揮してくれる美顔器は特にオススメです。美顔器の多くに搭載されているクレンジング機能は、毛穴の底に残って取れない汚れや角質等も綺麗に浮かせて取り除くので、毛穴の奥底から綺麗な肌になる事が出来ます。色んな美顔器があるのですが、綺麗な肌を作る為にはクレンジング機能がある美顔器 おすすめです。驚くほど汚れが取れて、驚く程リフトアップやキメの細かい肌に整えてくれるので、肌の違いを確実に感じる事が出来ますよ。美顔器は、1度使うと止められない方もいらっしゃる程ですので、特にオススメです。

肌を綺麗にするケア その4 メイクが必要なくなったら即落とす

メイクは肌に良くないので、出来ればしない事がお肌の為です。しかし、そういう訳にはいかないので、メイクが必要じゃなくなった時点で即落とすようにしましょう。出先から家に帰ってきたら、まずはメイクを落とす事を1番に行いましょう。丁寧に綺麗に念入りに落とし、メイク残しは絶対に避けましょう。ポイントメイクには、専用のリムーバーを使ってきちんと落としましょう。メイク落としを適当に行っているようでは、絶対に綺麗な肌にはなりません。メイクを落として、肌呼吸を与えて休ませてあげましょう。

肌を綺麗にするケア その5 肌摩擦を与えないケア

肌が綺麗な方が行っているのは、肌摩擦を極力与えない事です。肌を擦り過ぎない事に気を付けている方が多く、肌摩擦がいかに肌に良くないのかが理解できます。お肌を擦ってしまいがちな日常の動きは、下記が挙げられます。①クレンジング、洗顔、ピーリング時クレンジング、洗顔、ピーリング等、極力肌自体を擦らないようにしましょう。素材を多めに付けて行うと、肌摩擦の軽減に役立てる事が出来ます。②タオルで肌を拭く時洗顔後等の肌をタオルで拭き取る際も、タオルでゴシゴシ擦ってはいけません。肌に当てるようにし、あくまで水分を吸い取ってもらうという考えで行い、優しく肌にタオルを当てましょう。③肌に手が触れるクセ肌に手が触れるクセがある方は、知らず知らずのうちに肌に摩擦を与えています。肌に手が触れると手のバイキンを肌に与えてしまうので、良くありません。肌には、手を触れさせないよう努力をしましょう。

肌を綺麗にするケア その6 高保湿で肌をふっくら

美肌を作る為には、やはりスキンケアが大切です。ただスキンケアをすればよいのではなく、肌を綺麗にするスキンケアを与えるようにしましょう。与えてほしいスキンケアは、高保湿スキンケアです。肌質が良くなく綺麗にしたいと思っている方の肌は、肌が衰えている方が大半です。衰えた肌は、角質層から乾燥している証拠です。角質層から潤いを与える、高保湿成分を肌に与えてあげましょう。セラミドは角質層にある成分ですので、入れ込む事ですぐに肌に馴染んで、肌の底から潤う事が出来ます。人工のセラミドではなく、天然のセラミドを使うとお肌に高い効果を与える事が出来るので、オススメです。スキンケアは、洗顔後1分で行う事が理想と言われています。洗面所にスキンケアを置いておくと、便利ですよ。週1のコットンパックも、肌にたっぷり水分を与える事が出来るので、オススメです。

肌を綺麗にするケア その7 食べ物ケア

綺麗な肌を作る為には、食べ物もとても大事となります。肌が綺麗じゃ無い状態は、お肌が酸化している証拠です。いわゆる「錆びている」状態です。酸化しているとどんなケアを行っても響きにくいので、酸化を解消させましょう。酸化を防ぐ為にオススメの食べ物は、抗酸化作用のある食べ物です。ベリー類、バナナ、カボチャ、ニンジン、キャベツ、ニンニク、ショウガ、ニンジン、セロリ、お蕎麦、大豆、緑茶等、積極的に摂取しましょう。

肌を綺麗にするケア その8 ストレスケア

ストレスは、お肌の天敵です。ストレスを溜めにくくさせる為には、これらが理想です。①自然体で過ごす自然体で過ごしている方は、肌が綺麗だと思いませんか。小雪さんや綾瀬はるかさん等は、肌が凄く綺麗です。自然体で、自分のペースで過ごすようにすると、自然とストレスが溜まりにくくなります。②自分の時間を作る時間に余裕が無いと、ストレスはどんどん溜まっていく一方です。自分の時間を作って、ゆっくり過ごす時間も作ってみましょう。③趣味を充実する自分が没頭できる時間を作って、何かに集中するようにするとストレスが自然に解消されていきます。毎日じゃなくても、週にいくらかは趣味の時間を設けてみましょう